リハビリテーションセンター

概要

私たちリハビリテーションセンタースタッフ一同は、創造会の理念および事業方針さらには、時代背景に伴った「切れ目のないリハビリテーションサービス」の提供を目指しております。
当センターでは、法人内の病院と2つの介護老人保健施設にリハビリテーション科を構え、総勢66名(2019年7月現在)にて患者様、利用者様の状態に合わせたリハビリテーションを提供しております。リハビリテーションを「単なる機能訓練」と誤解されている方も多いと思われますが、リハビリテーションの目的は「生活の再建」・「ノーマライゼーションの実現」にあります。様々な状態の患者様、利用者様において、快適な生活を取り戻し、安心して生活できるようご支援させていただいています。また、医療・介護(現場)における大きな問題点の1つとして、「医療⇔介護への連携(マンパワー)不足」があげられます。それらを改善する目的にて、法人内のデイサービスへスタッフを配置し、退院後の新たな生活支援また新たな問題点の解決にも努めております。
近年、予防医学という分野が注目されている中で、当センターでも我孫子市リハビリテーション協会への所属、健康体操、行政との共催等、地域活動にも力を入れております。今後も我孫子市の地域活動を通して、皆様と共に健康寿命の延伸に取り組む所存です。これからも、共に我孫子市を盛り上げていきましょう。

理念

リハビリテーションサービスを通じて、地域社会に貢献します。

基本方針
  1. 安全で質の高いリハビリテーションを目指します。
  2. 患者様の有する能力を最大限に引き出し、生活の再建を支援します。
  3. 内部連携、外部連携を強化し、患者(家族)様が安心して生活できるように勤めます。安全で質の高いリハビリテーションを目指します。
  4. 地域に貢献できる「人材の育成」に努めます。
各リハビリ科紹介
平和台病院 リハビリテーション科

総勢54名(2019年7月現在)

  • 理学療法士:42名
  • 作業療法士:7名
  • 言語聴覚士:2名
  • リハビリ助手:3名
詳細はこちら 

介護老人保健施設 エスペーロ リハビリテーション科

総勢5名(2019年7月現在)

  • 理学療法士:2名 非常勤1名
  • 作業療法士:1名
  • 言語聴覚士:1名

介護老人保健施設 クレオ リハビリテーション科

総勢7名(2019年7月現在)

  • 理学療法士:3名
  • 作業療法士:1名 非常勤1名
  • 言語聴覚士:非常勤2名
院外活動
健康体操

地域の方々の健康増進や健康寿命の延伸、地域のコミュニティー作りを目的に我孫子市内3地区でそれぞれ月1回開催しています。毎月内容を変更し、リハビリ専門職による講義や運動指導、集団体操、レクリエーションなどを地域住民の方々と楽しく行っています。

地区 場所 開催日 時間
新木野地区 新木野自治会館 毎月第4水曜日 11:00~11:45
我孫子西地区 ケアプラザ 寿 毎月第1水曜日 10:00~11:00
布佐地区 平和台病院 未来館 毎月第2火曜日 14:00~15:30

介護サポーター育成セミナー

介護サポーター育成セミナーでは、月に1回地域で健康予防教室などを開催されているサポートリーダーの方々に対して、『より深い知識および実技の習得に向けた講義』という位置づけで講義をさせて頂いています。

開催日:毎月第2火曜日15:30~16:30(8月を除く)


我孫子市リハビリテーション協会

東日本大震災の支援活動を通して、市内の施設間で「日頃から顔の見える関係」の重要性を実感し、2014年に発足。現在、加入施設は8施設で、地域の方の健康増進と施設間の連携強化を目的に歩行年齢測定会や認知症予防運動研修会などの地域活動を行っています。

理学療法士協会 千葉県理学療法士会活動への参加
求人情報
センター長より
リハビリテーションサービスを通じて、どのように人間として成長できるかを、私含め日々模索しております。日々の臨床場面における患者様(ご家族様)、他部署スタッフ、地域の皆様、そしてリハビリテーションセンターの仲間と共に過ごす時間の中で、様々な困難に直面することが予測されます。そのような場面で発揮できる人間の思考力(見えないものが見える力:相手の気持ち、意図、要点など)の成熟を大きな目的とし、「楽しく仕事ができる環境づくり」を目指していきます。志の高い方と一緒に働ける日を楽しみにしております。

連絡先/TEL:医療法人社団創造会/04-7189-1265(リハビリテーション科直通)
見学は随時募集中